最近登場したばかりの副業「トレジャーリサーチ」ですが、その中身や運営企業についてはあまり知られていません。

デジタルで販売される商材なので中身が公になることはまずありませんが、トレジャーリサーチの運営企業である株式会社LIMIT、そしてその代表取締役でありトレジャーリサーチの生みの親である岩田陽一氏についても謎が多いままとなっています。

あまりにも謎が多いと「本当にこの企業は大丈夫なのだろうか、信頼していいのだろうか?」と悩んでしまう人もいると思います。公表されている内容なども整理しつつ、岩田陽一氏の人物像や株式会社LIMITの会社像を探ってみました。

株式会社LIMITとは?

まずは株式会社LIMITの情報を整理したいと思います。さっそくトレジャーリサーチのホームページにある特定商取引法に基づく表記から見ていきたいと思います。

販売会社:株式会社LIMIT
運営責任者:岩田陽一
所在地:東京都台東区元浅草1-6-12-508
電話番号:03-6721-5186
メールアドレス:contact@limit2020.com

特定商取引法のページはネット上で販売される製品にはその紹介サイトに必ず表示が義務付けられています。有名ショッピングサイトなどにある商品ページなどにも、どれだけ知名度がある商品や企業であっても必ずその表示があります。もちろん、ここに虚偽の情報を載せることはできません。

また、ここまでしっかりと情報が記載されているノウハウ商材は稀なんです。
所在地や電話番号、メールアドレスですが一般的に詐欺の疑いがかけられてしまうような商材はどれかが欠けている場合が非常に多いです。

その理由はノウハウ購入者からの連絡手段を断つためです。
所在地が無ければ直接文句を言いに行くこともできませんし、連絡先がなければクレームを入れる事もできません。
つまり、最初から騙す目的で作られた可能性が高くなるんです。1つでも埋まっていない商材があれば購入しない方がいいと思います。

その点、特定商取引法の基づく表記がしっかり記載されているトレジャーリサーチは信頼できるのではないかと思います。

また株式会社LIMITはその設立が令和元年5月7日と新しく、まだ半年程度の歴史しかありません。
おそらくですが岩田陽一氏がトレジャーリサーチを販売するために立ち上げた会社なのではないかと予想しています。

では続いて岩田陽一氏についての情報となります。

岩田陽一氏とは

岩田陽一氏について調べたところ、本人と断定できる情報はありませんでした。

ネット上に顔を出していないことでトレジャーリサーチ自体を詐欺などと疑う声もあるようですが、特定商取引法に基づく表記に名前が記載されているので実在する人物なのは間違いないと思います。

本人の意向か企業の方針かなどで顔を出していないだけのようです。フェイスブックのザッカーバーグCEOも自分の所有するMacBookのWebカメラとマイクをテープで塞ぐなどのセキュリティ対策をしてたのは有名です。IT世界に通じているからこそ、顔を出していないのではないでしょうか。

ちなみに岩田陽一氏はトレジャーリサーチのノウハウ考案者であると共に、株式会社LIMITの代表取締役でもあります。

プロフィールは一切公開されていませんが、ある程度の人物像は見えてきた気がします。

トレジャーリサーチ自体も、「サポート体制が万全」「返金保証制度があるから失敗しにくい」など、ネットビジネスの中でもしっかりと作れているように感じます。

製品に自信があるからこそ、返金対応なども行っているのでしょう。

以上のことから岩田陽一氏はかなり堅実な方なのではないでしょうか?会社の運営体制やサービスを見る限り信頼しても良いのではないかと思います。

トレジャーリサーチに興味があるという方に、今回の記事が参考になれば幸いです。