ネット副業において、いつも言われることが「詐欺なのではないか」という意見です。ネット副業はそのノウハウをコピーされることを防ぐため、その内容や詳細を公開しないケースがほとんどです。それを悪用し、中身のないコンテンツを高額で売りつける悪徳商法が後を絶たないのです。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はどうなのかというと、正直なところ何とも言えません。ただ、「50万円稼げるはずなのに20万円しか稼げなかった」というのは、作業効率やタイミングなどの問題であり詐欺ではないと思います。もちろんこれが「1円も稼げなかった」なら話は違いますが。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は時給制ではなく、ある意味個人事業のようなものです。つまり、やればやっただけ収入が増えやすいというものです。その結果全然稼げなかったら、仕事内容を相談するなど、何かしらの対応を依頼するなどすればいいのではないでしょうか。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はまだ新しいビジネスであり、「詐欺かどうか」を語るタイミングではない

「詐欺」というのは軽々しく使われがちですが、れっきとした犯罪行為であり、重い言葉です。それを証明するには、それ相応の根拠が求められます。

ネット上の意見を見るにあたり、実際に経験してみた上で全く結果が得られなかったことによって「詐欺」と言っているものは見られません。事実に基づいた批評がまだないのです。

つまり、まだその話をするのは時期尚早ということです。マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)自体も、まだスタートして間もない事業のようです。それでいて「詐欺かどうか」という話を、真っ当な論拠で語ることはできません。

情報が揃ってきたら、ここでも「詐欺かどうか」をちゃんと論じられると思います。