マネーズライクが売り文句としているのは、1日だいたい10分という仕事時間の短さ、スマホだけで自宅作業OKという手軽さ、そして将来的に月に数十万円稼いでいける成長具合です。

在宅で仕事をすることも増えていく社会となりつつある今、改めてマネーズライクが注目され、同時にその実力が問われるタイミングでもあると思います。

マネーズライクに取り組んでみたいという方は、おそらくネット副業が初めてという方、ネットやスマホを使う仕事自体が初めて、もしくは慣れていないという方が多いことでしょう。そういった人向けに、マネーズライクについての口コミ記事を調べてみたいと思います。どういった口コミがあるのでしょうか?

現在マネーズライクに興味がある方も、今回たまたま知った方も、ぜひ最後までお付き合いください。

ネットビジネスの口コミはSNSではあまり話題が広がらない

口コミといえばやはりSNSです。一般的に有名なSNSでマネーズライクについて調べてみましたが、現状で大きく話題に上がっている様子はありませんでした。

まだそこまで大きく話題が広がるほどではないのでしょうか?参考までに、他のネットビジネスも同じように口コミをSNSで調べてみましたが、やはりネットビジネスがSNSで話題になっている様子はないようです。

副業は昔に比べ市民権を得てきている印象はありますが、やはり周りに口外してまで、というところには至ってないのかもしれません。

そんな中、若い男性や女性が「私はいまコレでたくさんお金儲けしています」という書き込みをいくつか見つけました。勘のいい方なら既にお気付きだと思いますが、こういった類のものはだいたい業者によるものです。うかつに引っ掛からないようにしましょう。

ではブログや日記形式で書かれている口コミ記事があるのか、そちらも調べてみることにします。

マネーズライクのブログ記事があまり当てにできない理由

ブログで口コミを検索してみたら、いろいろとマネーズライクを取り上げたものが見つかりました。ただその中身はというと、あまり参考にできるものは少ないです。

というのは、大体似たり寄ったりの結論があって、それを導くため文章が埋められている、といった構成のものが多くを占めています。「マネーズライクは儲かる・儲からない」という表題があり、ビジネスの特性や以前あったビジネスとの比較を通じ、その中身を判断していく、といった流れです。

これらに共通しているのは、「実際に仕事をしてみた」口コミではない、ということです。マネーズライクを始めるには1万円強の初期費用が必要となることから、気軽に体験してみるということが難しいものではあります。だからといって、あまりに中身に即していない検証が進められるのは誰にとっても有益ではありません。

そうなると始めるにはハードルが高くなるというふうに思われるかもしれません。そういう方に、手っ取り早い内容確認方法をお伝えします。それは、直接マネーズライクの運営会社に聞いてみることです。

マネーズライクでは、電話とメールの窓口があります(始めた後にはLINEによる窓口もできるようです)。気になる点は、直接確認するのが一番いいと思います。相手方の雰囲気や温度感などもそれとなく知れるかもしれません。

ネットの口コミは赤の他人が評価を下げようとして書いているものもある?

ネット上の口コミでマイナスな意見が書かれていると、どうしても気になってしまうという方も多いと思います。「火のない所に煙は立たない」というように、どうしても何かしら危険が隠れているのでは?と思うのも致し方ないでしょう。

ただ、これは何もマネーズライクだけのことではないのです。他のネットビジネスもほぼ同様に、似たような流れで似たような意見を書かれています。

これは、ある決まった人が、他のビジネスに泥を塗り続けているケースが考えられます。ライバルとなるビジネスの評価を下げようとしているのではないか、ということです。そうなると、火のない~ではなく、ただの放火です。

ネットではこういうのが残念ながら当たり前になってきておりますが、多くの企業はわざわざ火を消す対策を講じません。消しても消えないことがわかっているからです。

食べログなどでも満点を取る店はないように、ネットの評価はあくまでも個人的なものです。ネットの口コミは信じすぎず疑いすぎず、「そう考える人もいるのか」という認識くらいでちょうどいいと思います。

マネーズライクの口コミが増え続けるのは順調に推移しているから?

マネーズライクの口コミブログはここ最近でもまだまだ増えている様子が見受けられます。これはどういう傾向かというと、マネーズライクのビジネスが比較的順調に推移し、その動きに対し周囲がリアクションを起こしている、ということが考えられます。

そうなるとマネーズライクを始める人が増える、その様子を見て他社などがまた口コミを作って誘導をかける、といったような流れが強くなるのではないでしょうか。どうあれ、長く続いているということはマネーズライクが劣悪なビジネスではなく、真っ当なものと認められつつある裏返しなのかと思います。

その反面、あまり口コミがSNSなどで流れてこないのは、もしかしたら感想をつぶやくのはNGなどといったような規約や規定があるのかもしれません。仮にそうだとしたら封建的で時代遅れな気もしますが、私も登録したわけではないのであくまでも推測です。

ネットビジネスというものは、息が長くないサービスも多く存在します。それが悪質だったり、中身の薄いものだったりしたら、あっという間に淘汰されます。現状マネーズライクにその傾向が見えないのは、マネーズライクが安定し出したということなのかと思われます。

これまで申し上げた通り、これも私の個人的な考えなので、「この人はそう思っている」という認識で構いません。マネーズライクをやる・やらないは自由なので、その結論を出すにあたっての参考になるなら幸いといったところです。