トレジャーリサーチに高額バックエンド?真実を解説します!

トレジャーリサーチにかけられた疑惑、バックエンド商法

トレジャーリサーチが人気を博すようになってしばらく経ちました。

これから副業を始めようと考えている人でチェックしている人は多いのではないでしょうか。

そんなトレジャーリサーチですが、実は今「トレジャーリサーチは高額のバックエンド商品に誘導するために用意されたものではないか」という疑いがかけられているのです。

さて、バックエンドという単語が聞き慣れない人もいるかと思います。

この記事ではそんな方に向けてバックエンド商法とは何か説明すると共に、トレジャーリサーチに高額バックエンド商品が待っているという疑惑は真実なのかどうか解説させていただきます。

バックエンド商法について解説します

バックエンド商法とは、ある種のマーケティング手法を指した言葉です。

キャッチーなフロントエンド商品を用意することで顧客に興味を抱いてもらい、最終的には利益率の高いバックエンド商品の販売を目指したマーケティング手法のことを言います。

このバックエンド商法という単語については副業情報サイト等で注意喚起が行われているのを目にしたことがある人もいるかもしれません。

ですがこのバックエンド商法、違法性が全く無いどころか、名だたる大企業から中小企業まで多くの企業が日常的に用いている一般的かつポピュラーなマーケティング手法なのです。

コンビニ、ファストフード店、地方のスーパーといたる所でこの手法が用いられ私達は日常的に触れているのです。

バックエンド商法自体は悪いものでもなんでもないということが、まず理解して頂けたでしょうか?

高額バックエンドが待っているというのは嘘?

副業情報サイトなどでバックエンド商法に対し注意喚起が行われるのは、”稼げない”フロントエンドから”高額な”バックエンドへと騙しに近い手口で誘導する悪質な情報商材が多いためです。

一方トレジャーリサーチはどうでしょうか?
トレジャリサーチがバックエンド商法を用いているというところまでは事実なのですが、トレジャリサーチに高額のバックエンドが用意されているというのは真実とは異なります。

トレジャリサーチにおけるフロントエンドはただのパンフレットで、2万円のトレジャリサーチ本体こそがバックエンドだからです。

トレジャリサーチではパンフレットで人を集めて、トレジャリサーチ本体の購入を促すというバックエンド商法をとってはいますが、これはマーケティング手法の活用例として、非常に一般的なものであるといえるわけです。